賢威7のテンプレートを使うようになってから、まず最初に何を選べば良いのか分からなかった、パーマリンク設定。


詳しく調べてみたところ、SEOの面で影響が出てくるということだったので、Googleが推奨するURLについてや、WordPressでオススメの設定方法をお話したいと思います。


パーマリンクとは?

まだ何も設定をしていない状態で、記事を作成すると↓のようなURLが表示されますが、この『?p=1000』の部分を指しているんですね。

http://◯◯◯◯◯◯.com/?p=1000



このデフォルトの状態だと、SEOの面であまり良くない影響が出てしまうということで、設定を変更する必要があるということでした。



Googleが推奨するURL構造

http://◯◯◯◯◯◯.com/?p=1000

こういった↑デフォルトの状態だと、このURLからは、一体どんな記事について書かれているのか推測できません。

そこでGoogleが推奨するURL構造というのが、
人が理解できるような、シンプルで分かりやすい単語の使用をすること


例えば、WordPressのパーマリンク設定についての記事であれば、以下のように変えてみると、デフォルトの状態よりも、明らかに理解しやすくなります。

http://◯◯◯◯◯◯.com/setup-wp-permalink


WordPressでオススメのパーマリンク

結論から言うと、以下で2つ目の「記事タイトルのみ」の方を選択するのがオススメです。

>WordPressにとってベストなパーマリンクは以下の2パターンだ。

http://example.com/カテゴリー名/記事タイトル
(例 http://bazubu.com/wordpress/how-to-setup-permalink)

http://example.com/記事タイトル
(例 http://bazubu.com/how-to-setup-permalink)

引用元:WordPressのSEO面で最適なパーマリンクの設定方法


どちらが良いかというと、特に、1つ目のカテゴリーを含むほうが理想的といういことでしたが、こちらを選んでしまうと、もし途中でカテゴリーを変更した場合、URLも変更されてしまうデメリットがあります。


URLが変更されてしまうというのは結構、痛いことでして、記事についたソーシャルボタン(いいね!ボタンとかツイートボタン等)の数字もリセットされてしまったり、


また記事の続きのリンク先を載せて、「続きはこちら」という感じで作ってしまったページでは、リンク先も変更しなければいけない手間がかかりますので、これもまた面倒で大変なことになります。

また、パーマリンクを一度設定した後は変更が難しいため、長く使い続けていくことや、途中でカテゴリを変更しても対応できるように、2つ目の、記事タイトルのみの方を選択するのがオススメです。



それでは、このオススメの方法で設定していく内容については、以下の記事に続きます▽

WordPressのパーマリンク設定方法